まちのカルチャーカフェ これから これまで アクセス


まちのカルチャーカフェ主宰の藤井です。 大学には面白い研究がたくさんあります。 専門的であるからこそ、いつもの暮らしに驚きをもたらしたり。尖っているからこそ、 新しい発想を後押ししたり。 地域の方々、そして学生の方々にも、幅広く大学の資産を活用いただきたい。 そんな想いでスタートしたのが、この取り組みです。

大学の先生が、今一番ワクワクしていること。好きなこと。 それをみなさんと一緒に紐解きながら面白がりたいと思っています。

そして、地域と大学の力が出会う場所にもできたらと考えています。 きっと、お互いの力を合わせると、もっといろいろなことができるのではないでしょうか? より活力のある大学をつくっていくためにも、そのような交流の場はますます必要となっていくはずです。

もちろんこれは、授業ではありません。 飲み物片手に、思い思いの楽しみ方をしていただくことが理想です。 予期せぬ発見や出会いを喜び合える場所にしていけたらと思います。

藤井健志
東京学芸大学教授・元副学長/まちのカルチャーカフェ主宰・マスター/東京学芸大図書館カフェnote cafe発起人




主催:まちのカルチャーカフェ・プロジェクト
協力:東京学芸大学、東京学芸大図書館カフェ note café
後援:小金井市